| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピザ

111013-01.jpg
先日載せたトマトマリネをですね、最後はピザソースにしてしまおうかと・・・


家を一歩も出たくないのでありあわせで作るお昼ごはん。
でもどうしてもピザを食べたかったんです。


マリネの具たち&美味しくなかったパスタ用バジルソース&ケチャップ少々


って感じでテキトーな配合。
これをトマトを崩しながら小鍋で煮詰めてソース状に。




111013-02.jpg
ピザ生地はいつもの簡単なやつ。




111013-03.jpg
クリスピーっぽくしたかったので、薄くのばしてます。
焼くのも簡単。
蓋をしたフライパンで片面数分ずつ。




111013-04.jpg
本当に超マジでありあわせの材料なので、
ピザソース&チーズのみ。
オンリーです(笑)


でも、すんごく美味しかった。
というか、食べたい時に食べたいものを食べられる幸せ・・・
そして、食材が何もないなりに工夫して作り上げた達成感!!(大げさ)





今日は、在宅でやってる仕事が「時給計算」の内容だったので、
本気で8時間ほど仕事部屋にこもってました。
いつもは「出来高制」なんですよね。


もうそうなると、一歩も外に出たくないわけです。


ピザ生地を練るのとか、いい気分転換になりました♪
夜は、昨日作っておいたカレーライス。


さて。もうちょい仕事します・・・

スポンサーサイト

|  料理 | 20:34 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

餃子LOVE

最近、餃子鍋なんていうのが流行っていますが、
私も鍋に餃子を入れるのは大好きです♪
市販のものを使ったり、皮を買ってきて自分で餃子を作ったり、色々試した結果、




100127-01.jpg
最終的には「皮も手作り」餃子に落ち着きましたww


強力粉1カップ+薄力粉1カップ+熱湯3/4カップ。
ボウルに合わせた粉に熱湯をジャバッと注いで、最初は菜箸でグルグルかき混ぜます。
温度が下がってきたら手で捏ねて捏ねて捏ねまくるべし!!


そして丸めて濡れ布巾をしっかり被せて、冷蔵庫で30分寝かせます。




100127-02.jpg
生地を寝かせている間に具材を用意すると良いですね♪
この日は「豚挽き肉、茹でたキャベツ、ニラ、長ネギ、生姜」で。
水餃子なので、スープを挽肉に吸わせてから調味料とみじん切り野菜を加えました。ゆるめの具です。


餃子の具はそれぞれのお家の味があると思うので色々工夫してみてください。




100127-03.jpg
打ち粉に片栗粉を使って、棒状に生地を伸ばしたら30個くらいに切り分けます。
私は分厚いデッカイ餃子のモチモチした食感が好きなので、約半分の個数になってますが・・・
このへんはお好みで☆




100127-04.jpg
麺棒で丸く伸ばしていきます。
自分で撮影しているから説明が難しいのですが、左手で手前から生地を持ってクルクルと回転させながら、
右手に持った麺棒で生地の中央から外へ向かって押し伸ばしていきます。


麺棒を押す時だけ力を入れて、引く時には力を入れないのがポイントです。




100127-05.jpg
多少形が不揃いだって気にしない!気にしない!ww




100127-06.jpg
あとは普通に具を包んで、開かないようにキッチリヒダを寄せて成型♪
沸かしたタップリのお湯に入れて茹でます。表面に浮かんできたら茹で上がりです。




100127-07.jpg
プリップリのモッチモチですよ!




100127-10.jpg
もちろん、餃子鍋にしても美味しいです♪
皮がスープを吸ってこれがまた・・・!!


最初は具沢山の鍋に餃子をポロリポロリ入れていたのに、最近では餃子がメインですww
餃子オンリーでも何の問題もないくらい。




100127-08.jpg
焼いてもイケますよ☆




100127-09.jpg
生地を薄く伸ばせばパリパリの焼き餃子になりますし、
厚めの生地で焼けばこんな風にモチモチのニラ饅頭っぽい感じに。
食べ応えあってこれはこれでいいですよ!


この皮の作り方というか粉の配合などは「水」「焼き」関係なく両用です♪


水餃子用のモチモチの皮にするには、とにかく良く捏ねることがポイントかな~。
これでもかっ!?っていうくらい捏ねると良いです。




手作りの具を使った餃子は美味しいですが、一手間かけて皮も作ると格別です!
ぜひお試しくださいね♪

|  料理 | 22:00 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はっさくジャム

ちょっと前にUPした【りんごジャム】と同じように、
頂き物の「はっさく」でジャムを作りましたよ♪




100123-01.jpg
スッパすぎてなかなか食べ切れそうにない「はっさく」を4玉剥いたら、
正味で750グラムもありました!
柑橘類は白い袋とか皮の部分を沢山残して剥くとジャムにした時に苦くなるので、お好みで調節を・・・




100123-02.jpg
砂糖をまぶして少し時間をおいて、火にかけます。




100123-03.jpg
焦げ付かないように、そっと混ぜながら好みの感じになるまで煮詰めていきます。




100123-04.jpg
完成~~!
とっても簡単です♪


柑橘類のジャムは、ほんの少し苦味が残りますが、プレーンヨーグルトに良く合います。
私はパンにも塗りますし色々使いますけどね☆


うちの相方は「はっさく」そのものは食べませんが、
こんな風にジャムにしてヨーグルトと一緒に出すと喜んで食べますww
ぜひお試しくださいね!

|  料理 | 23:36 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

りんごジャム

沢山いただいた「りんご」を食べきれそうにないので、ジャムにしました。


皮を向いて「いちょう切り」にしたりんごの30%の分量の砂糖とレモン汁があれば簡単に作れます。
せっかく買ったりんごがハズレだった!とか、
時間が経ち過ぎて食べ頃を逃してしまった!なんて時にはぜひジャムにしてみてください☆




100112-01.jpg
今回、作りやすい量&計算しやすい量ってことで、リンゴは正味300グラム。




100112-02.jpg
レモン汁は、お土産で頂いた瀬戸田産の「レモンの泉」を使いました♪




100112-03.jpg
フライパンに入れたいちょう切りのりんご300グラムに、レモン汁大さじ2と砂糖100グラムを投入!
中火で熱します。


実は私は甘さ控えめが好きで、沢山入れる時でも砂糖は80グラムくらいしか使いません。
色々レシピを検索してみましたが、たいてい標準量が「リンゴの30%」となっているので、
初めて作る時はその量がいいかもしれませんね。


保存がきくように、なんていう意味合いもあると思うので・・・




100112-04.jpg
最初はブワッと水分が出て、リンゴ茹でてる!?みたいな感じになります。




100112-05.jpg
そのまま時々混ぜながら中火で加熱すると、ガッと水分がなくなる瞬間があります。
5分~10分の間にはそんな感じになると思うので、目を離さずにかき混ぜててください。




100112-06.jpg
そしたら弱火にして焦がさないように混ぜながら煮詰めていきます。
30分もしないうちに画像みたいになります。
時間で計るよりも、好みの状態になったところで火を止めてOKです。




100112-07.jpg
煮沸消毒したビンに詰めて出来上がり☆


リンゴ300グラム(中玉2個分くらい)で作って、画像くらいの小さめのジャムの空き瓶2本分出来ます。
保存料とか使いませんから、冷蔵庫に入れて早めの消費をオススメします。


私は果肉がゴロゴロしてるのが好きですが、
気になるなら最後にフードプロセッサーにかけると滑らかになりますよ♪




イングリッシュマフィンをカリッカリに焼いて、
バターとこのジャムをタップリのせて食べるのが毎朝の楽しみですww
ヨーグルトに入れるもヨシ、パンケーキにもよく合いますよ。


ジャムって意外と簡単に作れますし好みの甘さに調節もできますから、ぜひお試しくださいね!

|  料理 | 22:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

捏ねてみた!

日曜日のブランチに・・・というとカッコイイけど、ようは寝坊したってことデスね。
腹ペコなのに食材がほとんど何もなかったので、
久しぶりに捏ねてみました!





なんせ久しぶりなので、リハビリ代わりにチャチャッと捏ねます!
強力粉(薄力粉でもOK!)250グラム、ボウルの中央に砂糖大匙1+ドライイースト小匙1、
周りにオリーブオイル大匙1、そしてぬるま湯をアバウトで150CCほど。


分量はホントにアバウトでOKです。
薄力粉の時はベーキングパウダーでもいいかも。
ぬるま湯は、粉がまとまる量でOKなので一度に加えずに様子を見ながらどうぞ。


ザバーッと湯を加えて捏ねるべし!捏ねるべし!




090610-02.jpg
まとまったら3~4分割して丸め、10分くらいそのまま置いて休ませます。
乾燥する季節はラップか固く絞った濡れ布巾をかぶせてください。




090610-03.jpg
生地を休ませている間に具を用意しま~す。
何でもいいのですが、この日はコンビニで売ってる「ブ◎トー」ハム&チーズのイメージで・・・
っていうか、ホントにこれしかなかったので。ウインナーとチーズだけww


ピザソースは、あったほうがいいけれど、
なければないで、ケチャップ+マヨネーズ、とか、マヨ+醤油とか、
そんな感じでもイケますよ♪


しっかり火を通した方がいい食材を具に使うときは、
この段階で炒めるなり茹でるなりしてくださいね。




090610-04.jpg
ソース塗って薄切りにしたウインナーとチーズを乗せます。
コツは具を少なめにすること。チーズをケチらず欲張らず・・・
チーズだけは、ケチると味が物足りないし、欲張ると焼き上げるのが大変なので。




090610-05.jpg
具に生地を密着させるように、空気を抜きながら半分折りにして包みます。
生地の周りをギュッギュッとフォークなどで押さえてしっかり閉じます。




090610-06.jpg
しっかり温めたフライパンで、蓋をして両面をそれぞれ5分ずつくらい焼きます。
火加減は弱火で~す。
時々焼け具合を見てくださいね。




090610-07.jpg
焼けたら出来上がり☆




090610-08.jpg
火傷に気をつけながら、熱々を食べてくださいね。
生地は厚みにもよりますが、外がカリッとして中がモチモチした感じに仕上がります。
カルツォーネにちょっと似ているかな~。




ピザソース+玉ねぎ+ツナ+チーズ

ジャージャー麺を作った時に残ったピリ辛肉味噌+海苔+チーズ




なんていうのも美味しかったです。
チーズと相性がいい食材なら何でもOK!
慣れたら30分もあれば仕上がってしまいますので、ぜひお試しくださいね♪

|  料理 | 22:00 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。