PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

A.S.2010 女木島・男木島(2)

【瀬戸内国際芸術祭2010】「女木島・男木島」日帰り旅行日記の(その2)です。
*ブログ内の芸術作品画像は全て撮影OKの場所で撮ったものです*





101005-11.jpg
左側の建物が、愛知県立芸術大学アートプロジェクトチームの作品。
中は長い縁側ステージや中庭がありました。
アトリエやギャラリーの他、コンサートなども実施しているようです。




101005-12.jpg
禿鷹墳上さんの「20世紀的回想」
帆が立ったグランドピアノ。船みたいにも見えます。
実際に音楽が流れているようなのですが、今日は確認できず・・・残念。




101005-13.jpg
木村崇人さんの「カモメの駐車場」
港のそばに沢山のカモメの風見鶏が!!
風で一斉に向きを変える姿がなんともいえずユーモラス☆




101005-14.jpg
行武治美さんの「均衡」
改修した納屋の中に1万個以上の鏡パーツが張り巡らされている作品。
写真は2階から撮ったもので、幻想的な不思議空間でした。私のお気に入りのひとつ。




101005-15.jpg
そして、やってきました「福武ハウス2010」!!
「世界のギャラリーとスペシャルプロジェクト」と題して、
現在休校中の「女木小学校」を丸ごとギャラリーにしちゃっています♪


映像作品が多く、なかなかどの部屋も面白いのですが、
なんといっても「小学校」という舞台がノスタルジックでたまりません!!
隅々までじっくり堪能して欲しいギャラリーです。




101005-16.jpg
「福武ハウス」の中で唯一撮影OKだったのが、一休みで寄った「LAST CAFE」
「最後の晩餐」をモチーフにしたグラフィカルなカフェです。




101005-17.jpg
1ドリンクにつき1枚、コースターがもらえます♪
14種類あるそうで選ぶこともできるみたいです。
私たちは、ホットドリンクを飲んで空いたお腹をなだめました(笑)




もう1箇所、撮影NGで画像はありませんが、
とても気にいった作品があります。


レアンドロ・エルリッヒさんの「不在の存在」です。
レストランスペースやライブラリースペースが建物内に併設されていますので、
ぜひゆっくり時間をとって訪れてみてください。


私たちが行った時間はとても空いていて、
作品もひとりずつ部屋に入って堪能することができました♪
ずっごくラッキーでした!!ホントおすすめです!!




101005-18.jpg
と、ここまでで女木島の作品は鑑賞終了~~!
朝早くから頑張ったこともあって、半日で全部回れました。
ゆっくり鑑賞できたので大満足!


またまたフェリーの「めおん号」に20分ほど乗船して、
今度は「男木島」へ向かいます♪

|  瀬戸内国際芸術祭2010 | 21:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。