PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

小さな村の小さなダンサー

映画【小さな村の小さなダンサー】をDVDレンタルで観ました。


リー・ツンシンというヒューストン・バレエ団の元プリンシパルで中国人の実在ダンサーのお話。
中国版『リトル・ダンサー』とも言われています。


貧しい村出身の少年が、毛沢東の文化政策により幼くして両親と別れ、
バレエの英才教育を受け、やがてバレエダンサーとして成功を収めていく物語です。


リー・ツンシンはアメリカへ亡命を果たすのですが、
その当時の社会的背景なども深く物語に絡んでいて、
決して軽くない映画です。


お涙頂戴的な話かと思いきや、そんなことなくて素晴らしかった・・・!!


意外なほど良かったです。


主役を始め、ちゃんとダンサーが役を務めているのも大きかったかな。
バレエシーンは見ごたえありました。
オススメですよ!!


原作も気になるので近々読む予定です☆


最後に、公式トレイラーを貼っておきますね。
(しょっぱなに別の映画の広告が流れますので注意)



携帯からは【コチラ】








≪追記≫

期限が来る前に、と思ってもう1回観ました。

号泣・・・

バレエ好きな方には本当にオススメです。
ぜひ観て下さいね!

|  DANCE | 19:32 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

面白そうですね~♪

あ、漫画「スバル」や、それに続く「MOON」
って読まれたことありますか??
結構絵が好みの分かれるところですが・・・

それにも、中国の貧しい村から、
雑技団に売られてきた少女がバレエに出合って・・・
って展開があるのです。

ロシアもそうですが、小さい頃からの英才教育ってすごいですよね。
その道一本、ってのを見かけや骨格で幼い頃に決められ・・・
でも、そういった国にはかなわない分野も沢山ありますよね><

芸術ってそういうものなのかしら?
って疑問に思うこともありますが、
色々犠牲にするからこその技術、ってのもあるわけで・・・

近くのレンタル屋さん、しょぼいんですが(泣)
探してみますね!!!

あ、バレエといえば、「創刊号は990円!」の会社が、
バレエDVD付きシリーズを出すみたいですね!!!
色んな演目が安く見られるのかなーと思うとつい買っちゃいそうですw

| 加幸 | 2011/09/13 21:30 | URL | ≫ EDIT

>加幸ちゃん

うん。コレ良かったので、本当にオススメです!

「昴」も「MOON」も持っていて大好きですよ♪
シュー・ミンミンですよね。
雑技団出身のバレリーナ。昴のライバルで。

>芸術ってそういうものなのかしら?
>って疑問に思うこともありますが、
>色々犠牲にするからこその技術、ってのもあるわけで・・・

私もそう思います。
「小さな村の~」の中に、アメリカのバレエ団から交流で中国へ来た芸術監督が、
「彼ら(中国のバレエダンサー)はダンサーというよりアスリートだね。
 テクニックはすごいけれど、感情を感じない」
みたいなセリフを言うシーンがあって、
確かにそういう面もあるのかもな~?って思いました。

今も、中国雑技団のバレエっぽい演目は
「曲芸なのか?バレエなのか?」っていうところで意見が分かれますよね。
すごいことやっているんだけど、好みがわかれるところというか・・・
いえ、すごいことには間違いないんですけどね。

私は、一芸に秀でた才能ある若者が苦難を乗り越えて成功していくっていうお話大好きなので(笑)
実話となるともう本当にワクワクします。
なので、そういうお話が苦手でなければ「小さな村の小さなダンサー」観てみて下さい♪

バレエシーンは全てプロのダンサーが踊っているので、
嘘っぽさやごまかしがなくて素晴らしいですよ!^^


そうそう、デアゴスティーニ、私注文して買っちゃったんです(笑)
ちょうどさっき記事を上げたので、参考にしてみて下さい。
これも結構オススメです☆

| Haruna | 2011/09/14 00:37 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。