PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

仔猫を保護しました。

DCIM2192.jpg
1匹の仔猫を我が家で保護しています。


経緯ですが、



8月2日 05:00

雨上がりに、香川県高松市JR栗林駅の植え込みでブルブル震えていた仔猫保護しました。


絞り出すような声で鳴いていて近寄ると自分からヨロヨロと出てきました。
母猫が側にいればむやみに保護などしないのですが、一匹でいて、
おそらく放っておくと日中のこの暑さではカラスに狙われたりしてすぐ死んでしまうので・・・


自分から寄ってきましたが、人間に慣れているとはいえず、
捨て猫なのか、野良のはぐれ猫なのか、飼い猫で脱走してしまったのか判断がつきません。


しばらくは、飼い猫だった線も捨てずに、チラシを貼ったり聞き込みをしつつ、
飼い主さんが現れなかった場合には里親探しをします。


このブログとFacebookで詳細&日々の報告を上げていきますが、
もし心あたりのある方いらっしゃいましたら鍵付きで結構ですのでコメントでお知らせ下さい。
よろしくお願いします。


DCIM2201.jpg
朝一番で買いに行った仔猫フード色々。


DCIM2203.jpg
シャンプーの後、身体が温まったらしっかりゴハン食べてくれました^^


DCIM2199.jpg
寒すぎないように、落ち着くように、ダンボールとタオルで軽くケージを覆っています。
お腹がいっぱいになればそこは仔猫!
電池が切れたようにコロ~~ン♪と横になってグッスリです☆






7年ぶりに登場したこのケージ・・・捨てずに置いてて良かった(>_<)


我が家には3匹の先住猫がおり、そのうちの1匹は保護猫です。
「れおん」を我が家に迎え入れる時、初めて抱っこした瞬間から、
心の中では「うちの子にする!」と決めていた気がします。


なし崩し的に保護して、里親を本気で探す風でもない私と仔猫の「れおん」に対して、
うちの夫はとても厳しかったです。


結局、家族会議の結果、きちんとうちの仔として一緒に暮らそう、と決めたとたん、
夫は「れおん」のことを初めて名前で呼び、初めて触って、そこからはまさに猫可愛がり。
今でも「れおん」は私よりも夫になついています。


あれから7年。


夫との


「大きなケガをしていたり弱っていたり、はぐれた赤ちゃん猫のような、
 すぐに人間の助けを必要としてる猫以外は保護してはいけない」



という約束をきちんと守ってきました。


今回は自分なりに冷静に判断して、もちろん夫にも承諾を得ての保護です。
不思議なもので、今回は夫の方がこの仔猫ちゃんに興味深々(笑)


ということで、この仔の成長をしっかりとみていきながら、
いずれは里親さん探しを真剣にする予定です☆
まずは飼い猫だった路線を捨てずに、保護した場所に貼り紙をしてみます。


縁あって我が家で保護したこの小さな猫ちゃんが、
幸せな猫生を送れるよう頑張っていきますので、
どうかあたたかく見守ってやってください。




追記ですが、仔猫は先住猫とは別室&ケージ内での完全隔離生活です。
3匹は何かの気配は感じていると思いますが、全く普段通りに落ち着いて生活しています。
「あとむ」と「まりも」と「れおん」にできるだけストレスを与えないよう気をつけていきますね^^

|  2013保護猫「キジちゃん」 | 12:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。